1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 今治の店・会社のサイトやブログ

今治の店・会社のサイトやブログ

アクアショップYASUのブログ

 

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > Hair&Cafe INCENSE−大三島

Hair&Cafe INCENSE−大三島

INCENSE 0897872244

主人、髪を切る 松山 夫婦二人暮らし

ヘアカット17,到着,ヘアカット,incense Ordinary Life


しまなみの喫茶・カフェサロン

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > NPO法人シクロツーリズムしまなみ

NPO法人シクロツーリズムしまなみ

NPO法人シクロツーリズムしまなみ 宇都宮一成

このガイドブックすげー! めしや


しまなみ レンタサイクル・バイク、ツーリング

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > シルバーケアサービス

シルバーケアサービス

シルバーケアサービス
グループホームひまわり
和光ひまわり

ダイニングキッチンひまわり

19,れんちょ,ひまわりのランチ チャイナカラーワンピース
忘年会兼ランチ,ランチ りんごのブログ
大満足ランチ,素晴らしいランチが喰えるぞ まじりん

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 菊間の瓦

菊間の瓦

錦松工房

菊間瓦で知られる瓦の産地今治市菊間町の工房で瓦作りの技を生かして、来年のえと、ねずみの置物を作る作業がピークを迎えています。
「菊間瓦」は、今治市菊間町に、およそ750年前から伝わるとされる伝統工芸です。
このうち光野錦松さんの工房では48年前から、瓦の材料や技術を生かし、縁起物のえとの置物を作っていて、来年のえと、ねずみの置物作りが今、ピークを迎えています。
作っているのは、米俵の上に乗って、打ち出の小づちを持つねずみをかたどった作品で、まず、せっこうでできた型に瓦の材料となる粘土を入れて、大まかな形を作ったあと、へらを使って表面を整えます。
さらに、ひげや表情、それに米俵の模様を1つ1つ丁寧に書き上げていきます。
これを日陰で乾燥させたあと、およそ1000度の窯で30時間ほど焼き上げると、瓦のようないぶし銀の色合いの置物が完成します。
光野さんは、「福をもたらす大黒ねずみをイメージした。置物を手にした方に福が来るよう、思いを込めている」と話していました。
ねずみの置物は工房で販売され、光野さんは、12月中旬までにあわせておよそ500個を作るということです。(19/12/4 NHK)

続きを読む >>
トップに戻る