1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > シルバーケアサービス

シルバーケアサービス

シルバーケアサービス
グループホームひまわり
和光ひまわり

ダイニングキッチンひまわり

19,ひまわりでランチ チャイナカラーワンピース
忘年会兼ランチ,ランチ りんごのブログ
大満足ランチ,素晴らしいランチが喰えるぞ まじりん

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 今治の店・会社のサイトやブログ

今治の店・会社のサイトやブログ

山の神硝子工房

IT企業のエンジニアから脱サラした梶川泰臣さん(33)が、郷里の今治市で工芸ガラスの工房を開いた。今夏までに郷里で初めての展示会を開く予定で、職人として飛躍を目指す。「将来は大島石など郷土の素材を活用した作品に挑戦したい」と意気込んでいる。
梶川さんは松山大を卒業した後、大阪市のIT企業に就職した。システムエンジニアとして働いていたが、会社勤めに慣れず、3年半で退職した。
子どものころから、ものづくりに興味があった。「コンピューターを扱うより、何かを成し遂げる職人になりたい」。そう思っていたところ、ネットで見つけた兵庫県上郡町在住のガラス作家の作品に魅せられた。(17/1/26 朝日新聞)

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 菊間の瓦

菊間の瓦

錦松工房

菊間瓦で知られる瓦の産地今治市菊間町の工房で瓦作りの技を生かして、来年のえと、ねずみの置物を作る作業がピークを迎えています。
「菊間瓦」は、今治市菊間町に、およそ750年前から伝わるとされる伝統工芸です。
このうち光野錦松さんの工房では48年前から、瓦の材料や技術を生かし、縁起物のえとの置物を作っていて、来年のえと、ねずみの置物作りが今、ピークを迎えています。
作っているのは、米俵の上に乗って、打ち出の小づちを持つねずみをかたどった作品で、まず、せっこうでできた型に瓦の材料となる粘土を入れて、大まかな形を作ったあと、へらを使って表面を整えます。
さらに、ひげや表情、それに米俵の模様を1つ1つ丁寧に書き上げていきます。
これを日陰で乾燥させたあと、およそ1000度の窯で30時間ほど焼き上げると、瓦のようないぶし銀の色合いの置物が完成します。
光野さんは、「福をもたらす大黒ねずみをイメージした。置物を手にした方に福が来るよう、思いを込めている」と話していました。
ねずみの置物は工房で販売され、光野さんは、12月中旬までにあわせておよそ500個を作るということです。(19/12/4 NHK)

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 今治の商店街

今治の商店街

15,16,17,今治銀座へ行く 荒川三歩

四国4日目 後藤健太郎のブログ

今治銀座は19時にはなシャッターが閉まる オバオバブログ

今治の商店街 - 今治港近く

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 木工屋

木工屋

木工屋 けーじまんのブログ 

11/17 10時〜玉川ダムサイド フリーマーケット15回

〜14回

続きを読む >>
トップに戻る