1. Home
  2. > 今治出身 人物
  3. > 大成経凡

大成経凡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊予が生んだ実業界の巨人 八木龜三郎(八木亀三郎) [ 大成 経凡 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/9/11時点)

八木亀三郎(1863〜1938年)の評伝「伊予が生んだ実業界の巨人 八木亀三郎」を地域史研究家、大成経凡さん(46)が出版した。2年がかりの労作で「時代の波にもまれながらも愛郷心を失わなかった生き方に学んでもらいたい」と呼び掛けている。
大成さんは、八木の旧邸・会社に開いた「八木商店本店資料館」(同市波止浜2丁目)を管理する市内タオルメーカーが2017年に入手した関係資料1900点以上を調査。
「多角経営のため精査に苦労したが、当時の新聞のマイクロフィルムと照合し、小林多喜二の小説『蟹工船』の地獄のようなイメージを覆す人物像に迫れた」と振り返る。(19/9/10 愛媛新聞)

愛媛県今治市に残る中世の石造物に光を当て、地域活性化に取り組んでいる「しまなみ石文化研究会」(小田延彦代表、22人)はこのほど、華厳宗の中興の祖で今治出身の学僧・凝然(1240〜1321年)の功績と石造物を紹介する小冊子「イマバリ ストーン ルネサンス」(A5判、14ページ)を発行した。
凝然の生い立ちや功績などを記すとともに、同市野間地区などに点在する石造物の解説や地図を掲載。
11日には研究会メンバーで地域史研究家の大成経凡さん(40)が、凝然ゆかりの四国霊場54番札所延命寺(同市阿方)で住民ら約30人に講演し、小冊子の内容を解説した。
大成さんは「全国でも有数の石造物が野間地区に集中している。小冊子を片手に自転車で回ってほしい」と呼び掛けている。(13/5/15 愛媛新聞)

しまなみ海道の近代化遺産


近世今治(いまはる)物語

四阪島海上遊覧ツアー
四阪島海上遊覧ツアー りんごのブログ

バリブロ会今治西関連78.9MHz blog

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

10年
大成ケイボンさんガイド☆桜井ツアー(1) カイザー日記
小島砲台跡はラピュタなのか?(1) カイザー日記
09年
桜井ツアー 第一部 日々の出来事
小島(おしま)ツアー その一 日々の出来事

来島保存活動の先駆者は大成経凡さん

トップに戻る