1. Home
  2. > タオル関連
  3. > タオルソムリエ資格試験

タオルソムリエ資格試験

18/9/13 第13回タオルソムリエ資格試験

世の中には、一般的にはあまり知られていないマニアックな資格が数多く存在します。本連載では、そうした資格を取得することでどんな御利益があるのかを検証していきます。〜
これまでに13回開催されており、6399人の申込者のうち合格者は3346人。実に、約半数近くが不合格となっています。〜
タオルに関係のないお仕事をされている方でも、タオルソムリエになることでこんな御利益があります。タオルといえば定番のギフトですが、そこでもし「スポーツをする人には吸水性に優れたワッフル織地」「最近子供が生まれた家には肌に優しいガーゼ地」など、相手を気遣ったこだわりの1枚を贈ることができれば、“デキル男”を演出できること間違いなしです。
タオル専門通販サイト「タオルはまかせたろ.com」を運営し、年商1億2000万円を稼ぐタオルソムリエの寺田元さん(京都工芸社長)も、あるメディアの取材で、「どのような家族構成か」「どんな洗濯機を使っているか」などをとことんヒアリングしたうえで、顧客に最適なタオルを提案していると語っていました。
相手のニーズにマッチした、たった1枚のタオルで、人の心をつかみ、ビジネスの成功につながることも十分に考えられるのです。(19/5/3 アサ芸ビズより)


今治 タオル関係

タオル選びのアドバイザーを認定する第11回「タオルソムリエ資格試験」が8日、愛媛県今治市、東京、大阪の3会場であり、計676人が製造、流通過程や歴史など幅広いタオルの知識が問われる試験に臨んだ。
四国タオル工業組合と今治商工会議所が実施。テクスポート今治では、県内外の198人が頭をひねりながら50問の5択問題を解いていった。
同僚20人と受験した徳島県の寝具販売会社の女性(49)は「試験は難しいが頑張りたい。お客さんに、よりいい物を選んでもらう手助けができれば」と話した。(16/9/9 愛媛新聞)

試験 明るく前向きに!!
タオルソムリエ合格! 船場コットンのブログ
タオル専門ECサイト社長が「タオルソムリエ」に−滋賀で初めて
びわ湖大津経済新聞 編集部 編集記
ソムリエ KENRYU大魔王

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る