1. Home
  2. > しまなみ観光
  3. > ところミュージアム

ところミュージアム

ところミュージアム

ところミュージアム大三島!  三味線弾きのアンダンテ! 
大三島の美術館 散歩道
すてきな美術館 ところミュージアム大三島 その2 KOTOBA SHOP
ところミュージアム 釣人の独言
ところミュージアム huruhuru

江戸時代の浮世絵師歌川広重や葛飾北斎などの浮世絵が12日、今治市に寄贈されました。
寄贈された浮世絵の総額は約2億円に上ります。
寄贈したのは今治市の大三島にある「ところミュージアム大三島」の名誉館長を務める所敦夫さんで、今治市の越智忍市長に目録を手渡しました。
寄贈された浮世絵は所さんがコレクションとして集めていたもので江戸時代から明治時代にかけて活躍した浮世絵師17人の作品合わせて111点です。
この中には、葛飾北斎の冨嶽三十六景 山下白雨、喜多川歌麿 風流六哥撰なども含まれています。
作品のほとんどは初刷りで保存状態もよく、専門家によりますと市場価格の総額はおよそ2億円に上るということです。今治市では寄贈された浮世絵をしまなみ海道10周年記念事業として来年秋、大三島美術館で公開することにしています。(08/12/12 RNB)


今治の美術館

トップに戻る