1. Home
  2.  > 食べる 会社
  3.  > 伯方の塩

伯方の塩

伯方塩業(株) 伯方町木浦甲841 0897722378

ハカタのシオ 今日の一品じゅんちゃんです
しまなみ海道 伯方の塩 木精夢者のダイビング島めぐり
伯方塩業株式会社大三島工場 秘密な京都
今治タオル を参照)
フジモデル「伯方の塩♪」・・・現地サーキット編
Rico_Racing 厚木を駆け抜ける・・・
伯方の塩 キャンドラ・トリサッポの「本日のいただきもの」
塩舞 デュヌラルテ fairy tail

今治の海産物・水産加工

1971年に施行された塩業近代化臨時措置法により、塩づくりが化学的な製法に転換され、昔ながらの塩づくりが自由にできなくなってしまう。
「それに伴い塩田も完全に廃止になりましたが、危機感を募らせた松山市民の有志が立ち上がり、伯方島の塩田を1か所でも残したいと、自然塩存続運動を起こしたのです」(伯方塩業大三島工場広報の赤瀬秀明さん・以下同)
各方面から集めた5万人の署名を国会、各省庁へと提出。
塩田を残すことは叶わなかったが、1973年には、専売公社が輸入した天日塩田塩を使用して再生する方法に限り、塩の製造許可が下りる。これが「伯方の塩」の始まりだ。
「今でも塩田は、塩の歴史の象徴として、同社の大三島工場内に再現され、稼働しています(10月まで工事中)。
その後、1997年に先の法律が廃止となり、日本の海水から直接塩をつくれるようになりました。
とはいえ、日本では岩塩など自然の力でできた塩はとれないので、今でもオーストラリア、または、メキシコから原料となる天日塩を輸入し、日本の海水で溶かし、ろ過して、釜で煮詰め、屋内で自然乾燥させています。
1日にできる塩の量は約70t。全工程を含めると約1週間で完成します」
見学ツアーに参加すれば、同工場の見学通路から、塩が溶解されるところや、自然乾燥される光景などの製造工程が約20分で見られるため、観光スポットとしても人気だ。
「塩には人間が生きていくために必要なナトリウムが含まれています。でも、海水からたくさんとれるものではありません。だからこそ、化学成分を一切使わず、不純物が少なくて、海水中のにがり風味が適度に残っている、おいしい塩をとっていただきたいと思っています」 (18年8月9日号 女性セブン)

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
トップに戻る