1. Home
  2. > 行事・イベント
  3. > ツールド玉川

ツールド玉川

18/11/11 第5回ツール・ド・玉川

第4回,第5回ツール・ド・玉川 いぬこ、時々おとん

感想etc17,今年のイベント a rat in a cage

ツール・ド・玉川が、愛媛サイクリングの日の11日に開かれた。約500人がタイムを競わず、紅葉が進む自然豊かな景色や地元食品を楽しみながらペダルを踏み込んだ。
瀬戸内しまなみ海道のサイクリング客を市街地や山間部に誘客しようと今治地方観光協会が2014年から毎年開催。今年は全長63・5キロ、最大標高差301m、上りの平均斜度6%のコースで実施した。
参加者は同市玉川町摺木の玉川総合公園を発着点に、大西町の造船所を望む坂や木々が鮮やかに色づいた鈍川渓谷などを力走。今年初めてコースに組み込まれた古谷の多伎神社から玉川地区の「窓の峠」への激坂では、必死にペダルを回して後半のヤマ場に挑んでいた。
エイドステーション4カ所では各地域の特産品が用意され、玉川町鈍川産米のおにぎりや朝倉産ナシのパイなどが振る舞われた。(18/11/13 愛媛新聞)

〜17

16参加してきました HYBRID X

ありがとうツール・ド・玉川 今治の猫好き婦人

「第4回ツール・ド・玉川」が19日あり、県内外の653人が全長52.5キロ、最大標高差300mの山岳コースを駆けた。(17/11/20 愛媛新聞)

今治地方観光協会は自転車で愛媛県今治市の山岳コースに挑む「第3回ツール・ド・玉川」を11月20日に開催する。
9月5日午後8時からインターネットで参加を受け付ける。先着600人で10月14日締め切り。
前回と同じく歌仙の滝や玉川ダム、鈍川渓谷などの名所を通り玉川、大西、菊間、朝倉地区を巡る最大標高差537mのヒルクライムコース。
発着点を玉川町摺木の玉川総合公園運動場(グリーンピア玉川)に変更し、玉川町鈍川古屋之谷の県道交差点付近の行程を延ばして距離を前回の68.6キロから69.2キロとする。平均斜度は5.2%から5.3%になる。
タイムは競わない。対象は高校生以上でスポーツ自転車限定。参加費5000円。
11月19日には国内で活躍するヒルクライマー森本誠、筧五郎両選手がヒルクライム塾(定員35人、大会参加費など含め受講料1万5000円)も開く。
森本選手は大会にもゲスト参加する。(16/9/1 愛媛新聞)

ボランティア・スタッフとして参加しました 色眼鏡
第2回 ツールド玉川にチャリで行ってきた。
第2回ツール・ド・玉川に参加(その3)
ツールド玉川 山の神降臨 2015に行ってきました
ツール・ド・玉川 コース14
2014.11.27  しまなみライフ

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る