分野
おすすめ
おすすめ
おすすめ
おすすめ
おすすめ
おすすめ
おすすめ
瀬戸の島旅 しまなみ海道+17島めぐり
瀬戸の島旅 しまなみ海道+17島めぐり (JUGEMレビュー »)
エスピーシー出版,ルーツブックス
おすすめ
おすすめ
携帯はこちらから
qrcode
<< アウストロ | main | 佐々木知子 >>
石山篤・石山修

石山篤 1938年生 今治出身

ヤマハXS、V-MAX、SRシリーズなどデザイン

【KEY BOOK】「人機魂源」(GKダイナミックス編/六曜社)

石山篤はGKデザイン研究所のメンバーで、ヤマハのモーターサイクル・デザイナーである。

GKダイナミックスのリーダーでもあった。ぼくが仕切ってきた織部賞のデザイン部門にも輝いた。

本書はその石山篤を中心としたグループがまとめたオートバイの究極の美と機能をめぐって構成された一冊で、すばらしい。

1989年に刊行された。『人機魂源』は“MAN-MACHINE=SOUL-ENERGY”の四字熟語化だ。

このチームの哲学は「ミッション(使命)をトランス(変革)していく」ことにある。そのために、すべての部品のミニマリズムを追求する、メカニズムを生態系と捉える、人がまたがる感覚と機能から極限の美を見いだす、ダイナミックフォルムを描き出す、といったテーマを詰めてきた。

石山はそこにさらに「棒族」と「器族」という2つの両極の機能と造形から官能や耽美が生み出されるべきだと考えた。

棒族は剣や刀がもつ凄み、器族はシリンダーや陶芸がもつ美しさのことだ。(14/4/15 SankeiBiz)

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

にほんブログ村 今治情報  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

染色作家 石山修


2016-10-16 のど自慢 NODOJIMAN 茨城県 常総市 市川由紀乃 鳥羽一郎... 投稿者 kayoconcert

 

>染色家・石山修さん(70)の展覧会「石山修 友禅染展」が7日まで、水戸市千波町の県総合福祉会館1階ギャラリーで開かれている。(16/10/4 茨城新聞)

茨城県常総市の“ある村”が今回のタカラモノです。その名も「染色村」。

手描き友禅や藍染め、ろうけつ、江戸小紋など、 多種多様な”染色”の技術を持った職人たちが集まって暮らしている全国でも珍しい地域です。昭和36年に東京に住む染色家有志120名が、水海道(現、常総市)に染色村を建設し、古代より受け継がれてきた伝統ある染色の維持発展に努めてきました。

職人たちは、ここでお互いに刺激し合い、技術を高めあいながら、 日本の伝統である”染物”を世界へと発信されています。

この土地で暮らして35年になる染色作家、 石山修(いしやま・おさむ)さんにお話を伺いました。

「私は染織作家として生きているわけですが、すべてオリジナルで仕上げていくわけですね。ですから、自分と向き合う贅沢な生き方ですから、空の広さと豊かな水っていうのがあるんですよね。茨城っていいなと感じたところですね。」〜

現在は6人ほどに減ってしまいましたが、石山さんは、素晴らしい“染物”を未来へつなげていきたいと話します。

「どんな古い家であっても、新しい家であっても、コンクリの打ちっぱなしの部屋であれ、布を一枚かけるだけでそこにドラマが生まれてくると。ですから、伝統を、殻を破るような発想が、私は外から欲しいと思っているんです。」

衰退してきてしまった染め物の伝統を守りながらも、伝統という殻を破った発想で、日本のモノヅクリを次の世代へつなげていきたいという石山さん。

工房で時に作品作りを、時に一般の方を迎えて体験会を開いています。

100年後の未来に伝えていきたい日本の文化、“染色”。 染色村が目指しているものを携えて、石山さんの挑戦はどこまでも続きます。(TOKYO FMみらい図鑑Vol.29)

| 今治出身 人物 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://imabari.cia-japan.com/trackback/1154852
トラックバック