1. Home
  2. > 美容・コスメ
  3. > 今治の風呂・温泉

今治の風呂・温泉

休暇村11,鈍川温泉15,玉川温泉17,美賀登,かみとくの湯12,かみとくの湯 じゃこてんのつぶやき

 

しまなみ温泉 喜助の湯 (17年11月リニューアル。旧キスケの湯 14年8月〜)

岩盤浴18,久しぶり らくどらぶーん


温泉宿はこちら → 旅館・ホテル清正の湯 竹庭

天然温泉キスケのゆ14,喜助の湯 t0526350

日帰り温泉ライド18,西風とりあえず西へ走ル このぴ
道の駅 今治湯ノ浦温泉白楽天ジャイアントストア を参照)

スーパー銭湯へ 水戸黄門の徒然なるままに

プレミアムラウンジ わんわん吉のトラベルと温泉ブログ

温泉日帰り旅行 しんちゃん

温泉 A&G Company
キスケの湯1 それでも、何とかやってますby尚古堂

 

かみとくの湯(11年12月オープン)

茶色に濁った温泉が気持ちいい らくどらぶーん

かみとくの湯 それでも、何とかやってます〜by尚古堂〜

 

宮窪町保健福祉総合センター 一般浴場

 

Mare・Gracia大三島
日本一周143日目 温泉ソムリエ☆はむれっと 車で日本一周

 

クアハウス今治

四季の湯

温泉シイタケは、県産業技術研究所の試験データによると通常の原木シイタケに比べ糖度が約1.6倍、アラニンとアスパラギン酸が約1.8倍あり、甘みとうま味が強い。
同温泉の特産品を目指し、地元温浴施設「湯ノ浦温泉四季の湯ビア工房」の従業員と利用客が2011年に試験栽培を開始。12年から「湯」「シイタケ」の語呂を合わせた「株式会社ゆっしーちゃん」を設立して本格栽培し、試食・収穫体験イベントを毎年春秋に開催してきた。
17年から念願のブランド化に着手。ジャンボシイタケの種菌から育て、かさの直径8センチ以上、厚さ3センチ以上などの独自基準を満たすものを一般公募で決めた「湯の恵」とネーミングし、今年5月に商標登録した。
今後、高級食材として首都圏や海外に売り出す考えで、寺内喜志郎社長(69)は「基準を満たすのは20%ほどで、40〜50%に増やしたい」とハウス栽培も視野に入れている。
将来は「通常の原木シイタケより早く収穫でき、栄養価も高い理由を解明して特許を取りたい」とし「温泉シイタケで湯ノ浦温泉に誘客するのが最大の目標」と力強く語った。(19/11/6 愛媛新聞)

四季の湯 和 ときどき 洋な お菓子


国民宿舎 ゆげロッジ・ゆげトピア

海水温浴施設 潮湯 上島町弓削上弓削1907番地1

鈍川せせらぎ交流館 〜鈍川温泉〜 9/2〜11/29臨時休館

 

435 鈍川温泉郷玉川鉱泉
伊予の国の名湯 瀬戸内海沿岸あっちこっちおいしいものを探そう
鈍川温泉 アーニー日帰り温泉放浪記
鈍川温泉 九州急行の館

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

神之木湯桜井石風呂
多々羅温泉しまなみの湯

今治市が、西日本豪雨時の土砂崩れで大きな被害を受けて休館している同市大三島の市施設「多々羅温泉しまなみの湯」(上浦町井口)の廃止方針を決めたことが29日分かった。原状回復が厳しいことなどが理由で、関係者によると、市は6月7日開会の定例市議会に廃止の条例案を提出する予定。
施設は旧上浦町が総事業費約2億2千万円をかけて1995年に開設。地下千メートルから湧出する源泉のみを使い、近年は住民や県内外からのサイクリストら年間5万人程度が利用している。
西日本豪雨では昨年7月6日夜に川を挟んだ裏山が崩れて土砂が建物まで流入し、源泉のタンクや変電設備などが被害を受けた。
再開のめどが立たない中、同4月から運営している指定管理者の地元NPO法人や市などが泥のかき出しなどの復旧作業を行ったが、市は同11月ごろ、復旧費を総事業費に迫る2億円弱と算定。施設が土石流危険渓流のエリアに含まれていることなどもあり、廃止の方針を決めた。(19/5/30 愛媛新聞)

今年4月から、地元のNPO法人「輝け上浦」が指定管理者となり、ソーシャルネットワークサービスでの情報発信など新たな試みを行ってきた。
今回の豪雨では6日夜、川を挟んだ裏山が崩れ土砂が流入。客や従業員は無事だったが、源泉をためるタンクや変電設備などがのみ込まれ、建物に流れ込んだ。
施設の下流地域でも多くの住宅が被害を受け連日、住民やボランティアらが復旧作業を続けている。
NPO法人の関係者も、建物に入り込んだ泥のかき出しなどを少しずつ始めており、19日は4人が汗を流した。
越智佳隆支配人(37)は「多くの激励を頂いている。再建は市の判断によるが、今できることをしたい」と話す。(18/7/21 愛媛新聞)

トップに戻る