1. Home
  2. > 美容・コスメ
  3. > 今治の歯医者

今治の歯医者

今治市歯科医師会

河北歯科 今治市阿方甲196-7 241313
院長ブログ
きたむら歯科医院 今治市喜田村5-16-29 483939
35年ぶりに歯医者さんへ 単車は乗っても乗られるな
ごう歯科医院

こぐま小児歯科 今治市松木334-5 470220
遠出
丹歯科
中平歯科医院 今治市大新田町4-2-13 319830
Drナカヒラのインプラント日記
博愛歯科医院
ひかり歯科 今治市登畑甲131-1 472225
藤澤歯科
ふじた歯科

実際には行っていない保険診療を実施したように装うなど、およそ180万円を不正・不当請求したとして、厚生労働省四国厚生支局は、この歯科医院に保険医療機関の指定などを取り消す処分を通知しました。
四国厚生支局によりますと、今治市波方町のきむら歯科医院の木村茂樹院長は、平成27年の10月分からおととしの2月分までにかけて、あわせてのべ64人の患者について、実際には行っていない保険診療を実施したように装うなどの不正請求と、記載漏れなどで条件を満たしていない不当請求の、あわせておよそ180万円を行っていたということです。
平成28年の11月に患者から匿名で、「医療費通知に受診していない記録が含まれている」という情報提供があり、四国厚生支局がおととしから去年の7回にわたって監査を実施した結果、不正が発覚したということです。
このため、歯科医院に対し、27日から5年間、保険診療を行えなくなる保険医療機関の指定の取り消しなどを通知しました。(19/9/26 NHK)

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

診療報酬の不正請求を繰り返していたとして、四国厚生支局愛媛事務所は28日、今治市米屋町2の「白石歯科医院」(白石裕紀院長)の保険医療機関の指定を来月1日付で取り消す、と発表した。白石院長の保険医登録も同日付で取り消す。
同事務所によると、白石院長は05年5月〜09年2月、実際に行っていない保険診療を付け増したり、自費診療として患者から費用を受け取っていながら診療報酬を請求する手口で、診療報酬約122万円を不正請求した、としている。
同事務所が、診療点数の高い医療機関を対象に行った個別指導で発覚した。患者から聞き取りをしたところ、診療報酬の請求内容と、症状や証言が一致しなかったり、診療録の記載内容とエックス線の写真画像が一致していなかった。このため、同事務所で75人の患者について監査。うち28人の患者について、123枚の診療報酬明細書に不正があったという。(09/9/29 毎日新聞)

トップに戻る