1. Home
  2. > メディア情報
  3. > ラントゥレーベン大三島

ラントゥレーベン大三島

ラントゥレーベン大三島 (ドイツ語で田舎暮し)
管理組合 

クルツラントゥレーベン大三島

愛媛県今治市は1日、同市大三島町野々江に短期滞在型の移住体験施設「クルツラントゥレーベン大三島」を開設した。
近くの滞在型農園「ラントゥレーベン大三島」の姉妹施設として移住促進を図る。
2011年3月に廃園になった岡山保育所跡地を改修。
床面積約375平方メートルで、風呂・トイレ付き14〜20畳の宿泊室3室と調理場、研修室(40畳)を整備した。
事業費は約3821万円。
施設名はドイツ語で「短い田舎暮らし」の意味。
宿泊(素泊まり)は最長2週間までで、利用料は初日3000円(小学生以下2000円)、2日目以降1日2000円(同1000円)。
1室定員5人で7日前までに申し込む。(13/4/2 愛媛新聞)

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

にほんブログ村 今治情報 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る