1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 菊間の瓦

菊間の瓦

錦松工房

菊間瓦で知られる瓦の産地今治市菊間町の工房で瓦作りの技を生かして、来年のえと、ねずみの置物を作る作業がピークを迎えています。
「菊間瓦」は、今治市菊間町に、およそ750年前から伝わるとされる伝統工芸です。
このうち光野錦松さんの工房では48年前から、瓦の材料や技術を生かし、縁起物のえとの置物を作っていて、来年のえと、ねずみの置物作りが今、ピークを迎えています。
作っているのは、米俵の上に乗って、打ち出の小づちを持つねずみをかたどった作品で、まず、せっこうでできた型に瓦の材料となる粘土を入れて、大まかな形を作ったあと、へらを使って表面を整えます。
さらに、ひげや表情、それに米俵の模様を1つ1つ丁寧に書き上げていきます。
これを日陰で乾燥させたあと、およそ1000度の窯で30時間ほど焼き上げると、瓦のようないぶし銀の色合いの置物が完成します。
光野さんは、「福をもたらす大黒ねずみをイメージした。置物を手にした方に福が来るよう、思いを込めている」と話していました。
ねずみの置物は工房で販売され、光野さんは、12月中旬までにあわせておよそ500個を作るということです。(19/12/4 NHK)

(有)ハマセ商店
えんとつ工房はませ 今治市菊間町浜257 542028

菊間町窯業協同組合
菊間瓦・いぶし銀プロジェクトのブログ

菊間の瓦屋さん 南葛八十八カ所19番

小泉製瓦有限会社
かわらや 菊貞かわらや 菊貞 嫁日記
『IBUSHI瓦の魅力展』 開催中!! グラッシーズのブログ

菊銀製瓦

マルト瓦(株)

柚山瓦工業(株)

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る