1. Home
  2. > 今治出身 人物
  3. > MAYA MAXX

MAYA MAXX

MAYA MAXX 1961年生 今治出身。 アーティスト
MAYA MAXX Blog

MAYA MAXX さん♪ グラッシーズ
MAYA MAXX祭 2 原宿杏奈 


ゆかいな仲間たち CHARLIE'S VEGETABLE

マヤマックスと Hug育(はぐはぐ) 育児は育自
interview with MAYA MAXX
OB・OGインタビュー

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタジスタ2010

>子育て関係の団体や今治市などでつくる「子どもが真ん中のまちづくりネットワーク」が、「今治おやこ手帳」を作成、母子手帳とあわせて無料で配っている。
育児に役立つ地域の生活情報も掲載し、パンダ親子をあしらった表紙デザインを、MAYA MAXXさんがデザインした。
手帳は妊娠初期から子どもが成人するまで、従来の母子手帳よりも長期間の書き込みができる仕立てで、家族からのメッセージ欄や写真が貼付できるコーナーを設けた。
カレンダーには今治特産の野菜や魚のイラストを添えた。
1500部作成し、市役所や各支所で配布。
市健康推進課は「お子さんが成人を迎えた時に母子手帳と一緒にプレゼントを」とPRする。 (13/4/24 読売新聞)

>2年前から「今治応援大使」として活動するMAYA MAXXさんが描いた。
中身についても、MAYAさんが講師となって市が開いた人材育成塾「マヤマックス塾」の卒塾生らが中心となって仕上げた。
同市郷新屋敷町で2児を育てながら介護サービス業を営む近藤朋子さん(35)も卒塾生の一人。
「子どもが真ん中のまちづくりネットワーク」のメンバーとして、2年前から毎週のように集まって編集を進め、一部イラストも担当した。
「親切な人が多く、落ち着いた環境と風土。そんな今治らしさを出したい。ママになる人は不安やストレスもありますが、地域で支え合っていく街というメッセージを込めた」と説明する。
手帳には20歳までの成長の場面が記録できるほか、同市の食べ物の旬のカレンダー、水産版の食育「ぎょしょく」の紹介、発達障害児の親の会からの「大切なのは、その子に合った育て方をしてあげること」というメッセージも。
「この手帳は未完成です。20年間で子育て、親育ちを楽しみ、それぞれで完成品に作り上げてほしい」と記されている。(毎日新聞)
よかったら、こちらもどうぞ
トップに戻る