1. Home
  2. > 今治出身 人物
  3. > 故 長井健司

故 長井健司

長井健司 今治市出身 
APF通信社の契約記者兼カメラマン
ビルマVJ

長井健司さん(当時50)がミャンマーで取材中に射殺された事件から12年を迎えた27日、妹の小川典子さん(59)が市内の墓に参った。
長井さんが撃たれた際に持っていたビデオカメラの返却や事件の真相究明に進展はなく、小川さんは「ミャンマーに渡るなど直接行動を起こしたい」と話した。
小川さんは、長井さんのビデオカメラをかたどったモニュメントなどがある墓に花を手向け、手を合わせた。
この1年、日本の外務省からは担当者が代わったという連絡があったのみで、新たな情報はなかったという。「十三回忌の年だが、1年あっという間に過ぎた。日本政府としても数年前と比べて意識が薄れていっているように感じる」と話した。  
これまでミャンマーを訪れたことはなかったが、「早いうちに一度渡航し、向こうの担当の方と話をしたい」と語り、ミャンマー政府側に直接働きかけたい考えを述べた。また、事件現場を訪れたい意向も示し、「一度行って花を手向けたい」と話した。
長井さんは2007年9月27日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、当時の軍事政権に対するデモを取材中に銃撃され、亡くなった。
ミャンマーでは16年に、民主化運動の指導者アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が政権交代を果たしたが、遺品の返還や事件の真相究明へ向けた動きは進んでいない。 (19/9/28 朝日新聞)

軍事政権下のミャンマーで2007年9月、映像ジャーナリストの長井健司さんが反政府デモの取材中に治安部隊に射殺されてから11年になる27日、郷里の愛媛県今治市で妹の小川典子さんが墓前に花を手向けた。
ヤンゴンであった反政府デモには僧侶を中心に約10万人が参加。武力制圧で多くの死傷者が出たが、アウンサンスーチー国家顧問兼外相を事実上トップとする文民政権への歩みにつながったとされる。
小川さんは昨年9月、スーチー氏に側近を通じて手紙を託し、射殺の真相究明と長井さんが撃たれた際に持っていたビデオカメラの返却を求めた。
だが、「スーチー氏の机の上までは届いたが、どういう感想を持たれたか、どういう反応が起こるかはスーチー氏しか分からない」との連絡が2カ月後にあったという。
「(スーチー氏は)国内の問題で大変だと思う。半分あきらめの気持ちが起きてしまうが、日本政府に地道に働きかけを続けていただき、私も考えつく限りのことをしたい」。小川さんは改めて気持ちを奮い立たせた。(18/9/27 毎日新聞より)

長井健司さん NORIOのブログ
あれから3年
血は天然ガスより軽いか?

紛争ジャーナリスト、ミャンマーで散る 税務の片隅で
誰も行かないところへは、誰かが行かなければならない Pacific International Airlines
追悼・長井健司さん akamac book review
ミャンマーの事件では・・・ 仁志・多喜馬の戯言日記&戯言通信

長井健司さん葬儀 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
「長井さん」  時の話題 すみれダイアリー
長井健司さん殺害の抗議活動に力を貸してください。
ミャンマー軍による長井健司さん殺害に抗議する
本当にふさわしい人 愛煙家の多事総論


今治西関連

よかったら、こちらもどうぞ
トップに戻る