1. Home
  2. > 食べる
  3. > ジャズ喫茶

ジャズ喫茶

マニアナ喫茶店 今治市常盤町4-4-4 323392

四国最古とされるジャズ喫茶「マニアナ」。名物マスター河野吉広さんが1月に81歳で亡くなり56年の歴史の幕を閉じたが、4月1日に再開した。継いだのは妻圭子さん(63)。
悲しみに暮れる背中を常連客に押され「主人を、店を思ってくれる人がこんなにもいる」と感謝を胸にカウンターに立ち続ける。
吉広さんは広島県呉市出身で、母の故郷西条市小松町に8歳で疎開。10代でピアノジャズに魅了され、県外でも働いて26歳で念願の「マニアナ」を開いた。
店は多くの常連に愛されてきたが、今年1月9日午前5時ごろ、自宅で圭子さんに「死ぬかもしれん」と話した後に倒れ、搬送先の病院で息を引き取った。急性心不全だった。
圭子さんが「いつもの冗談だと思っていなければ」と悩み続けていた時、一枚のCDが届いた。
20年来の常連で愛媛新聞報道部の鈴木孝裕副部長(49)が、吉広さんを追悼する地元FM局での担当番組を収めたもの。夫の意外な素顔や逸話に心揺さぶられた圭子さんは、なじみ客にも相談して店を復活させた。
「マニアナ」はスペイン語で「またあした」の意味で、客の「ありがとう」にいつも「またね」と答えていた吉広さん。
その夫がいたカウンターに立つ圭子さんはもう一人ではない。(19/4/2 愛媛新聞)


今治のジャズ喫茶「マニアナ」
「マニアナ」 今治・常磐町・ジャズ喫茶 門上武司公式
JAZZの街 今治 旅好きおやじ
ジャズ喫茶 長崎琴遊び

JUG(ジャグ)
今治に アヤコレット
第1049号 ジャズ喫茶 ジャグ

ジャズイン84
ツアーでした
 

5IN
5IN(ファイブイン) huruhuru
 


今治ジャズタウン

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る