1. Home
  2. > 今治の店・会社
  3. > 今治の商店街

今治の商店街

2/7〜11 えびすぎれ

今治市の商店街で恒例の呉服市「えびすぎれ」が7日から始まりました。しかし今年はこの恒例行事を150年近くに渡って支えてきた呉服店が、その歴史に幕を下ろします。
大阪・今宮の十日えびすにあやかり約150年前から続く今治の呉服市「えびすぎれ」。店内や店頭のワゴンで、着物や反物、和装の小物などが3〜9割引きの特価で販売されています。しかし今年は親しまれた店との別れも…。
「えびすぎれ」を明治5年(1872年)のスタートから支えてきた老舗の「丸五呉服店」にとって、実は今年が最後。5代目店主の箱崎誠二さん(61)が健康上の理由などから今年4月末で店をたたむことを決断しました。
常連客「すごく良くして頂いてたので残念なんですけど。ぜひお大事になさって頂いて元気になって頂けたらと思ってます」
丸五呉服店店主・箱崎誠二さん「今まで3代、4代と可愛がって頂いた我々なんで、本当に感謝を込めて今までありがとうございますという事をお伝えしたい」
今治に早春の訪れを告げる「えびすぎれ」は今月11日まで行われています。(20/2/7 テレビ愛媛)

〜19

着物や小物などを格安で販売する「えびすぎれ」が8日から今治市の商店街で始まり買い物客で賑わっている。
今治商店街で8日から始まった「えびすぎれ」は大阪府の商売繁盛の神様を祭る今宮戎神社にあやかった商店街、毎年恒例のイベント。
明治時代の初期に今治の呉服屋が布の端切れを安く売ったことから始まり、商品を買い求めるお客さんがえびす顔になるようにと140年以上、続いているという。
店頭の陳列棚には通常の価格よりも3割から8割引きの色とりどりの着物や履物、バッグなどの小物、7000点以上が並んでいる。
買い物客らは一つ一つ手に取りながらお目当ての商品を買い求めていた。
今治商店街の「えびすぎれ」は今月12日まで開かれている。(18/2/8 南海放送)

昭和にどっぷり浸かり11えびすぎれ

 

15,16,17,今治銀座へ行く 荒川三歩

四国4日目 後藤健太郎のブログ

今治銀座は19時にはなシャッターが閉まる オバオバブログ

今治の商店街 - 今治港近く

商店街探訪

今治
今治アーケード flow Trip -archive-

15回,16回 榎内ファミリーmusicoffice

『商店街死んでる』のは、大手スーパー、モールのせいではない。
人通りがあった所が栄え、時代の経過とともに人通りがなくなった、移った。それだけの話。
その場所に、店に、魅力があったから人通りがあった訳ではない。
(商店街って、そこを勘違いしてるよね。)
しかし、1年以上継続しているイベントがこの惨状。
動画を貼ってあげようかと見てみたが、回ってないわ、観客映像1コもないわ。(演者の数より少ない観客。えびすぎれ中なのに)プレイヤーさん可哀想過ぎて貼れません。

 

今治おかみさん会
今治商店街 おかみさん情報

ほんからどんどん
ほんからどんどん はっぴ〜LIFE
祝:開店!「ほんから、どんどん。」 

 

MIMATSU
カフェ寺ス〜慈照堂〜 えんぎ観音 乗禅寺
labo
くつ家ともだ 靴屋の日記 
A.C.C. 行本キィーズゼミ教室
かまぼこの田中屋本家
nakaナカムラコーヒー
uda
カナヤ

小林理美容器具店
千客万来BARBER美
ジュエル 彩
bijeoux SASAKI ササキ時計店
ハート型のお皿。 
オチ時計店
ニイダ時計店
日吉屋呉服店


ICPC今治ABC(えびす)祭

海道よさこい祭(今治商人まつり)
今治商人まつり★08091012今治商人まつり2 愛・彩媛(あい・さいえん) スタッフ日誌

みんなで今治・しまなみを宣伝しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る