1. Home
  2. > 行事・イベント
  3. > 今治のブログポータル・TOP・目次・イベント情報

今治のブログポータル・TOP・目次・イベント情報

今治バリバリリンク集は、皆さまがブログで発信されている『今治ネタ』だけを抽出し、まとめているディレクトリ型、地域特化ポータルサイトです。


※このサイトは、みなさまのブログ記事のリンク集です。
外部リンクのマークがあるリンクをクリックすると別サイトが開きます。

(先の表示は、それぞれのブログサービスに準じます)
ここのスマホ版は携帯向け(簡易サイト)なので、ぜひ右上のボタンでPC版にしてご覧ください。

※趣旨にあわない、イオン、マクドなどチェーン店(本社が今治でないカフェなど)の情報は一切ありません。予め。

今治のイベント

10/20・21 今治タオルフェア

10/20・21 菊間祭りお供馬の走り込み

10/28 サイクリングしまなみ

※当日は、午前6時〜正午まで、今治IC―因島北ICの上下線が通行止めになり、今治IC、今治北IC周辺など市内5カ所が通行止めになります。

今治桟橋発の尾道バス8:50、13:53、しまなみライナー福山行6:15〜11:05や広島行7:12〜11:37、大島行急行8:00、大三島行8:35〜12:10などが運休になります。臨時フェリー有 詳しくは本四高速PDF

11/11 ツールド玉川

11/18 玉川ダムサイドフリーマーケット

12/2 鈍川渓谷グルメマラソン 受付締切10/15に延長

続きを読む >>
  1. Home
  2. > しまなみ観光
  3. > しまなみレンタサイクル・ツーリング2018

しまなみレンタサイクル・ツーリング2018

今年2018年に、初しまなみサイクリング、バイクツーリングをSNSやブログに書かれた方をご紹介しています。

リピートされている方、しまなみツーリング トップはこちら です。

しまなみ海道をサイクリングで 日本てくてく旅日記Part1
茶梅大山祗神社道の駅 などを参照)

サイクリングの聖地へ エリ士郎
さいさいきて屋ムロヤ菓舗 などを参照)

サイクリングインしまなみ海道 私と本とデグーさん

しまなみ海道を渡った話 20代アラサー 彼と同棲節約生活

続きを読む >>
  1. Home
  2. > しまなみ観光
  3. > しまなみレンタサイクル・バイク、ツーリング

しまなみレンタサイクル・バイク、ツーリング

自転車ブームと、世界でも有数の海の上を走れるサイクリングロード(原付道・歩道)しまなみ自転車無料 もあり人気急上昇。
老若男女、初級から上級者まで、しまなみは受け入れてくれますが、プラン作成が難しい。
そこで参考になればと、皆さまのブログを集めました。
是非、サンライズ糸山ジャイアントストア今治 でレンタルしての自転車旅をお考えの皆さまは距離感、疲労感、休憩スポット、グルメスポットなどの予習を!

 

15,クロスカブで,愛媛株主会ミーティング Red Gachapin
玉屋サントノーレ を参照)

04-21,10-07ライド 奈々ちゃんとロードバイクと

11,「Red Star」しまなみ海道を行く 気ままに フォトアルバム

17,大三島,久々に行きました,大三島→因島 井上屋

14,やっぱりしまなみ海道でしょ 町田市オートバイ ハウスモロちゃん
今治城造船 などを参照)


今治の旅館・ホテルバイク・サイクルショップ動画投稿まとめ

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治観光
  3. > お遍路、今治市内の札所は54番から59番

お遍路、今治市内の札所は54番から59番

54番 近見山・延命寺から、55番 別宮山・南光坊、56番 金輪山・泰山寺、57番 府頭山・栄福寺、58番 作礼山・仙遊寺、59番 金光山・国分寺までが今治市内の札所です。

遍路のための新聞『同行新聞(どうぎょうしんぶん)』を発行していた56番 金輪山・泰山寺がある今治は、今も遍路の情報発信地!

遍路11日目 地方理系男子の日常ブログ

そりゃもうきついわけよ こぐーの我楽多日記

11日目,10月 みゃあらくもんMJBぢぢいのブログ

四国巡礼 黒ポメのチーたんとマルチーズのじんぺい君


お遍路〜16今治の旅館・ホテル

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 季節もの
  3. > 玉川町鈍川の、いのしし親子 稲わらアート

玉川町鈍川の、いのしし親子 稲わらアート

18/9/23、今年は子ワラシシ2体。10月は鈍川温泉の足湯の所、11月からはいつもの場所に居ます。

1/14 とんど焼きで焼かれました。

〜17

10/21、雨の重さで大ワラシシが倒れたそうです。(立て直す予定はない)

今年は『一休みしています』という、二度と見れないだろう「自然が作った」設定でいくそうです。


場所は、今治地図 でご確認ください

続きを読む >>
トップに戻る