1. Home
  2. > 食べる
  3. > ジャズ喫茶

ジャズ喫茶

マニアナ喫茶店 今治市常盤町4-4-4 323392

四国最古とされるジャズ喫茶「マニアナ」。名物マスター河野吉広さんが1月に81歳で亡くなり56年の歴史の幕を閉じたが、4月1日に再開した。継いだのは妻圭子さん(63)。
悲しみに暮れる背中を常連客に押され「主人を、店を思ってくれる人がこんなにもいる」と感謝を胸にカウンターに立ち続ける。
吉広さんは広島県呉市出身で、母の故郷西条市小松町に8歳で疎開。10代でピアノジャズに魅了され、県外でも働いて26歳で念願の「マニアナ」を開いた。
店は多くの常連に愛されてきたが、今年1月9日午前5時ごろ、自宅で圭子さんに「死ぬかもしれん」と話した後に倒れ、搬送先の病院で息を引き取った。急性心不全だった。
圭子さんが「いつもの冗談だと思っていなければ」と悩み続けていた時、一枚のCDが届いた。
20年来の常連で愛媛新聞報道部の鈴木孝裕副部長(49)が、吉広さんを追悼する地元FM局での担当番組を収めたもの。夫の意外な素顔や逸話に心揺さぶられた圭子さんは、なじみ客にも相談して店を復活させた。
「マニアナ」はスペイン語で「またあした」の意味で、客の「ありがとう」にいつも「またね」と答えていた吉広さん。
その夫がいたカウンターに立つ圭子さんはもう一人ではない。(19/4/2 愛媛新聞)


今治のジャズ喫茶「マニアナ」
「マニアナ」 今治・常磐町・ジャズ喫茶 門上武司公式
JAZZの街 今治 旅好きおやじ
ジャズ喫茶 長崎琴遊び

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 食べる
  3. > ボッコ製菓

ボッコ製菓

ボッコ製菓 上浦町井口5814 0897872855
上浦町銘菓 芋吉 10ヶ入、八朔ぼっこ大福

いちごまるごと いけずな京女のwagamama日記
親戚の和菓子屋 大三島の「ボッコ製菓」

今治の和菓子

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 食べる
  3. > 焼き豚玉子飯作ってみた。レシピ、アレンジ

焼き豚玉子飯作ってみた。レシピ、アレンジ

今治名物「焼き豚玉子飯」は、焼豚、玉子、ご飯、たれで出来ています。豪華な卵かけご飯なのでご家庭で作られる方も多い。そこで、レシピやアレンジを紹介されているブログをまとめました。

自家製焼き豚で!,焼き豚玉子飯&ホタテと青梗菜のオイスターソース なっちゃんちの晩御飯

晩御飯はB級グルメ くるみ

B-1普及委員会監修の焼豚玉子飯の素がマズい件 蔵元探検隊

鎌倉AWANOUTAの豚バラ・チャーシューで 家

焼豚玉子飯の献立 美味しいごはん

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 食べる
  3. > しまなみの島に出没するイノシシを喰らう!

しまなみの島に出没するイノシシを喰らう!

海を渡り、しまなみの島々に出没し田畑やミカン畑を荒らす害獣イノシシ。
過疎の島で、ミネラルたっぷり、ビタミンたっぷりのエサと、自然豊かな環境で育った猪は、当然ウマい!
捕獲から、ジビエ食肉加工、流通網が出来れば、全国の人に食べてもらえる。
全国の皆さん、ほんとにウマいですよ!食べて応援してあげてください。

イノシシによるかんきつなどの農作物被害に悩む愛媛県今治市島しょ部の大三島。地元住民らでつくる「しまなみイノシシ活用隊」は2010年の結成以来、イノシシ肉の販売などに取り組み、農業被害を超える価値を生みだそうと活動している。
近年、平成生まれの若い移住者2人が加わり、渡辺秀典隊長(42)は「亥年」にさらなる飛躍を目指す。(19/1/2 愛媛新聞)

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 食べる
  3. > 玉屋サントノーレ−共栄町2-2-54

玉屋サントノーレ−共栄町2-2-54

玉屋 サントノーレ  0898222076

関ジャニ∞とカキゴーラー フレンチブルーに憧れて
広島・愛媛旅行その24
ミルクセーキ 新・愛媛さすらい日記

今治のかき氷・アイス

続きを読む >>
トップに戻る