1. Home
  2. > やきとり
  3. > 全国にある今治風焼き鳥の食べれる店

全国にある今治風焼き鳥の食べれる店

話題の、今治風?今治式?焼き鳥を食べたくなったら、お近くのお店へ!

愛媛県今治市以外 今治の、焼き鳥屋さんはこちらです
松山市

やきとり桃介 0899343335

皮焼きうまい!従業員キレイ! 耽溺、マサ青木の美食とクルマ

好奇心今治焼き鳥はおいしくて
泥亀 を参照)

桃介」松山市二番町 とめおの愛媛グルメブログ
今日のホッピー 今日のホッピー

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 食べる 会社
  3. > さいさいきて屋

さいさいきて屋

国内最大級の大型直売所 JAおちいまばり さいさいきて屋
さいさいきて屋さいさいクッキングスタジオ BLOG

田んぼアート なんでもない一日。

田んぼアート ササヤン jr5arkの日記

SAI &CO.(サイ&コー)

SAI&COカフェ
クッチーナイマバリ・サイサイカフェ・いまばりのいち・東京レトロ
モーニング
焼肉SAIEN
ゴールデンウィーク後半

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治の宿泊
  3. > 鈍川温泉ホテル−玉川町

鈍川温泉ホテル−玉川町

源泉の宿 鈍川温泉ホテル 0898552280

 

鈍川温泉ホテル

 

2018年夏休み 豚も歩けばいろんなもんにあたる
今治城タオル美術館道の駅大山祇神社 などを参照)

鈍川温泉17,夕ご飯全く一緒! ふわほわ るいとてん
鈍川温泉ホテル
淡路島四国瀬戸内の旅〜6月9日 後半

今治の旅館・ホテル

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 季節もの
  3. > 蛇越池のサギソウ

蛇越池のサギソウ

孫兵衛作の蛇越池周辺の湿地。(医王池・蛇池の湿地植物)中でもサギソウは四国で二番目に有名。

 

07,08,09,12,13,14,15,16,盗掘跡が! 気軽なプログでのんびり


鷺草(さぎそう)とミソハギ12,サギソウ 花は、いつも微笑みかけてくれます。

〜17
蛇越池のサギソウ1315169/12 毎日が新鮮!!
サギソウ

続きを読む >>
  1. Home
  2. > 今治バリバリリンク集について
  3. > 『ゆるキャラ』のゆるくない事情を、あえて語ろう

『ゆるキャラ』のゆるくない事情を、あえて語ろう

18/8/19追記 なるほど。この元電通女が語ってくれちゃってる記事を見て、腑に落ちた。
ここで6年前からずっと書き続けてきた事。役所のヒト、時間、税金の無駄遣い、

その最先端が『ゆるキャラ』だった時期があり、今は『動画PR』になってるんだ。
地方創生を錦の御旗に、税金じゃぶじゃぶ使ってるんだ。それを指南するのが、こういうクソ広告屋、補助金コンサルなんだ。くだらない!何が「地域活性化伝道師」だ!反吐が出る。

火付け役となった「ひこにゃん」ブームを仕掛けたPRプロデューサーの殿村美樹さんに探ってもらった。〜
「ゆるキャラは役目を終えた」「ついに、ブームが去った」と思う人も多いでしょう。しかし、私には別の理由があるように思えてなりません。

なぜなら、かつて地方自治体が積極的にPR活動をしていたのは、「ゆるキャラグランプリ」が自治体にとって大切な事業として位置づけられていたからです。

地方自治体は、「スクラップ&ビルド」といわれる考え方で事業を絶え間なく進めています。つまり、一つの事業をやめる場合は、それに代わるより良い事業を構築することを原則としています。

ということは、多くの地方自治体が一斉に「ゆるキャラグランプリ」に代わる“より良い事業”に乗り出したことになります。

ゆるキャラが姿を消した背景に、“お役所の事情”が見え隠れしています。
2014年秋、安倍首相が「地方創生」を宣言したことを受け、16年度から地方自治体の“先駆的な事業”に対して、毎年総額2000億円もの「地方創生推進交付金」が交付されるようになりました。

当然、地方自治体はその交付を受けるために“先駆的な事業”をつくろうと躍起になりました。その代表的な例が、16年度あたりから次々と発表されたユニークな「地方PR動画」です。

地方自治体は、“先駆的”な動画をつくり、「再生回数」という明確な数字でその効果を国に示そうとしたのです。〜
こうしたPR動画と比べると、「ゆるキャラ」はもはや“先駆的な事業”ではありません。

自治体によっては、「ゆるキャラではPR効果が分かりづらい」「税金を使って着ぐるみなんて作るな」「着ぐるみがどんどん汚くなっている」といった声もあったそうです。

ゆるキャラが全国で群雄割拠する中で、「もはや、名前すら覚えてもらえない」と早々に白旗を上げる自治体もありました。

「地方活性化の救世主」ともてはやされたのに、地方創生の大波にさらわれるかのように、その多くがスポットライトを浴びぬまま消えようとしています。〜(18/8/19 読売新聞 ゆるキャラはどこへ消えた?より一部)

続きを読む >>
トップに戻る